多重債務借りれる

多重債務でも借りれる『おまとめローン』

多重債務とは、複数の金融業者からお金を借りている事を指しています。返済金を滞納してしまっている方を指していると思われている方がおりますが、きちんと返済していても複数社から借入している時点で多重債務者となっています。

 

多重債務をしてしまうとデメリットが非常に多くなってしまいます。まず他社借入が多ければ多いほど新たに借入をしようとする際に審査に大きく影響してしまいます。大手の金融機関では4社以上他社借入があると審査に通過する事が非常に難しくなってきてしまいます。

 

他社借入件数は申込の際に記入するのですが、虚偽の記入をしてしまっても必ずバレてしまいます。金融機関は信用情報機関を確認しているので、虚偽の情報は確実にバレてしまいます。信用情報機関にはキャッシングやローンに関するお金の情報が事細かく記録されていますので虚偽の内容を記載してしまうと逆に信用を失う事になってしまうますので、必ず申込の際は正しい情報を記入する必要があります。間違って記入してしまったとなっても虚偽扱いになってしまいますので、記入事項はしっかりと見なおしてから送信する必要があります。

 

多重債務でも3社までなら大手の銀行や消費者金融を利用出来る可能性は充分にあります。しかし、借りる業者が増えれば増えるほど返済の手間はかかってしまいますし返済回数が多い分、返済日が近づくにつれ精神的に苦痛を伴ってしまいます。

 

そこで多重債務でお悩みの方にオススメしたいのが『おまとめローン』です。おまとめローンは複数社の借入を一社にまとめる事で返済の手間を大幅に無くし、金利も低くする事に成功すれば返済総額も減るというメリットだらけのローンとなっています。

 

当サイトでは多重債務者にオススメ出来るおまとめローン可能な業者をご紹介していますので、是非活用して下さい。


多重債務でも借りれました!

以前私は3社の金融業者からお金を借りている時期がありました。その頃ギャンブルにめっきりハマっていた私は暇さえあればパチンコ店へ通っていました。負けが続きお金が無くなるとパチンコへ通えなくなりストレスが溜まってしまう程で、今思えばギャンブル依存症とはこの事なんだなと思います。

 

そしてパチンコへ行けない日々が続きストレスも限界へやってきた時に、キャッシングでお金を借りるという手段に踏み切ったのです。最初は一社のキャッシングでどうにかなっていたのですが、負けが続き始めた時に一社の融資枠のお金も使いきってしまい、2社、3社と同じ感じで借入してしまっていたのです。

 

3社目に突入した時にさすがにマズイと思い、パチンコへ行く事事態に不安を感じるようになってしまいパチンコへ行くことも少なくなりました・・・というより返済のお金でパチンコへ行く余裕なんてなくなったのです。

 

借入している3社の返済日が別々なので一月に3回も返済の苦痛を味わうのはかなりキツいと思い始め何か対策は無いのかと調べてみると、おまとめローンという方法を見つけました。

 

おまとめローンとは、複数社から借入している方への救済措置のようなもので、一社に借金をまとめる事で返済の手間や金利を抑える事が出来るというものです。

 

私が利用したのは銀行のおまとめローンでした。最初は審査に通過する事すら難しいと思っていたのですが他社借入3社ですとギリギリOKとのことでした。しかも銀行は総量規制の対象外となっているようで、おまとめローンに最適だそうです。

 

実際に私も銀行のおまとめローンを利用して、返済総額を減らす事にも成功しましたし、何より返済の手間が減らせた事に感動しました。まだ返済は続いていますが、この一件のおかげでギャンブルにはもう懲り懲りしたので良い経験が出来たと思います。

おまとめローンを利用するメリットについて

消費者金融を何社から同時に利用していると、ついつい返済日に口座にお金を入れておくのを忘れていたりします。そうなると、さらに余分に利子を払わなければならずますます借金の返済に時間がかかるという人もいるのではないでしょうか。

 

そうした状況の人にぜひおススメしたいのが、ローンを一つの消費者金融会社にまとめる、いわゆるおまとめローンです。現在、多くの消費者金融、さらには一部の銀行でもこうしたサービスを展開しています。今日は、こうしたおまとめローンを利用するメリットについて記したいと思います。

 

まずメリットの一つ目は、返済プランを立てやすくなるというものです。一つの会社にまとめれば、返済日も月に1日となりますので、自分の返済プランを考え、お金をどのように使うかを考えやすくなります。

 

さらに2つ目のメリットは、消費者金融会社によってはさらに低利子で借りることができる可能性があるということです。まずはぜひ調べて、検討してみることをおススメします。